スポンサードリンク

年金教育資金貸付について

国民生活金融公庫教育ローンTOP>>年金教育資金貸付について

前回は、国民生活金融公庫の教育ローンのうち、

郵貯貸付について説明しました。

教育ローンの融資制度は、教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付の3種類。

今回は最後の年金教育貸付(年金教育資金貸し付け)について説明したいと思います。



この年金教育貸付の制度は、一般教育貸付や郵貯貸付と異なり、

年金福祉協会で取り扱っています。

一般的に金融機関でない、年金福祉協会でも

借り入れが出来るという事をご存知の方は、少ないかもしれませんね。

では、説明の方に参りたいと思います。

年金教育資金貸付制度について

この年金教育資金貸付は、厚生年金保険か国民年金に加入されている方で、

それの被保険者の期間が10年以上の方が利用できます。

つまり、通常は、お子さんの保護者の方が利用できるという事になります。

ただし、こちらは、教育一般貸付と同様に、年間収入の制限がかかります。

つまり、

上記のどちらかに当てはまる方のみ利用できるという事ですね。



この年金教育資金貸付の制度での融資額の上限は、

厚生年金保険の被保険者の場合は、一人100万円以内です。

国民年金の被保険者の場合は、一人50万円以内です。

郵貯貸付に比べると、上限は、低いので注意が必要です。



なお、他の返済期間や融資対象学校は、教育一般貸付の場合と同様になっています。

この、年金教育資金貸付は、全国都道府県の年金福祉協会で

取り扱っていますので、この制度で奨学金を受けたい方は、

お近くの年金福祉協会に問い合わせて見てください。



以上のように、国民生活金融公庫教育ローンと言っても、

教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付それぞれの種類によって、

その制度内容が、かなり異なってきますので、ご自身にあった融資制度をご利用下さい。


借金返済ノススメ?素人でも自力で借金地獄からスルっと抜け出せる借金返済術?
ローン地獄で自己破産しかけた男が放った起死回生の一撃とは?

前回の記事:郵貯貸付について

ラベル: ,


This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]